ブラウンダイヤモンドとは

ブラウンダイヤモンドの特徴として、艶やかさやセクシーさを醸し出します。褐色の光はバイタリティあふれる健全な肉体を思わせ、不動の精神力や、あらゆるものをあるがままに受け入れる包容力を表現します。
ブラウンダイヤモンドのネックレスの相場は約30,000円~約50,000円です。ハニーダイヤモンド3ストーンズネックレスは、素材に18金を使用し、後姿も美しく魅せられるようなこだわりがあります。パライバトルマリンデュードロップネックレスは、内側の魅力を引き出し、持ち主の印象をポジティブなものに変化させてくれます。
ブラウンダイヤモンドチャームの相場は約60,000円です。0.62カラットのブラウンダイヤモンドに金枠をつけたチャームは、誰にも染まらない自己の確立を演出してくれます。
パライバトルマリンダイヤモンドピアスの相場は約160,000円です。ブラウンダイヤモンドの他に、イエローダイヤモンドやブラックダイヤモンドを組み合わせたことで、上品かつオリエンタルな印象を醸し出しています。
ブラウンダイヤモンドのブレスレットの相場は約30,000~約50,000円です。ハニーダイヤモンドはイエローとブラウンのダイヤモンドが混ざり合い、神々しい輝きを放っています。

ブラックダイヤモンドとは

天然石のブラックダイヤモンドは、一般的によく知られている無色透明なホワイトダイヤモンドと違い、鉱石の性質は同じダイヤモンドながら、そこに混ざっている物質が違うために黒く見えるために、ブラックダイヤモンドと呼ばれているのです。
4Cの鑑定書によって区別され、それが値段に直結するホワイトダイヤモンドのように、はっきりとした市場的な価値があるものはまだ少ないものの、ブラックダイヤモンド自体が珍しくて希少であることや、石の美しさ、大きさによっては、さまざまな価値がつけられているのが特徴です。
ブラックダイヤモンドの相場は、宝石の取り扱いになるか、アクセサリーの取り扱いになるかによっても、その価格に大きな違いが出てくるのだと考えられています。
また、最近では若い男性などがブラックダイヤモンドをパワーストーンとして身に付けることなども増えているため、非常に注目を浴びているところでもあります。
そのため、以前に比べて近年は相場の上昇も大きく見られるようになり、ブラックダイヤモンドに色ムラなどがあまり見られないとか、濃い色味や優れた輝きを持つブラックダイヤモンドであれば、希少であることの価値が認められる傾向にあります。

グレーダイヤモンドとは

ダイヤモンドと言えば、無色透明のものを想像されるかもしれませんが、色がついたカラーダイヤモンドもまた違った味があります。中でもグレーダイヤモンドは、出会うたびにさまざまな表情を見せてくれるのが魅力です。「誰の意見にも染まらぬ強固な存在」とも言われる強力なパワーストーンでもあります。グレーダイヤモンドは、カラーダイヤの中でも入手しやすい価格帯なので、理想のものを探しやすく人気も高いのが特徴です。
グレーダイヤモンドと言っても種類は1つではありません。自然に色がついたナチュラルなものと、人工的に着色されたものが存在するのです。ダイヤモンド相場では、人工的なグレーダイヤモンドよりも、ナチュラルなグレーダイヤモンドの方が買取における価値が高いのが一般的ですが、人工だからといって一概に価値が低いとは限りません。人工のグレーダイヤモンドであっても、一定の基準値を満たし、ナチュラルなグレーダイヤモンドに引けを取らない美しさを放つものも実際に存在します。品質によっては高い買取価格も期待できるかもしれません。人工のものであってもナチュラルなものであっても、正しく価値を見極めてくれる信頼のおける業者に依頼するようにしたいものです。

ホワイトダイヤモンドとは

ホワイトダイヤモンドと呼ばれるものには2種類あり、ひとつは一般的に流通している無色透明のカラーレスなものを呼び、もうひとつは全体が白濁したカラーを持つまさに「白い」ダイヤモンドをそう呼びます。見た目にははっきりと違っており、カラーレスダイヤモンドがぎらぎらと目のくらむような輝きを放つのに対し、白いダイヤモンドはすりガラスのようなぬるりとした光沢を放つのが特徴です。もちろん石の表面はザラザラはしておらずダイヤモンドそのもののつるりとした触感です。窒素と水素を多く含むことや微小なインクルージョンが石が白濁する原因ではないかと言われています。半透明な白色の中にブルー・イエロー・グレー・ブラウンなどの色が混じっていることがありますが、あまりにもこちらのカラーの方が濃いとブルーダイヤモンドやイエローダイヤモンドといった扱われ方をします。透明至上主義なダイヤモンド界ではホワイトダイヤモンドは濁った色を持った石として敬遠されることも多く、相場はあまり高くはありません。ですが「濁った」といっても氷砂糖のような傷だらけのダイヤとは異なり、あくまで宝石として通用する価値を持ったものだけがホワイトダイヤモンドであり、その魅力に虜になる人は数多存在します。

ダイヤモンド買取先をお探しの方はダイヤ買取のジュエリーファンが定評があるようです。